130302幕山公園の梅の散策

行程:湯河原=(BS)=幕山公園→しとどの窟分岐→登山口→南郷山分岐→幕山→湯河原幕山(梅林側登山口)→幕山梅の宴中央→幕山公園=(BS)=湯河原。154分、約5.4Km

今日は、403Cのメンバとコラボで、毎年恒例の梅見。しかも今回は、会社先輩のかーさんと、アルバイト時代の先輩のゆーさんも加わって、7名での散策になりました。403Cの散策では珍しい大挙?での歩き。
幕山の梅は、過去3度来ていますが、今年は3分咲きという情報でしたが、梅の香りもかげて、結構楽しめました。
コラボ:Wさん、Hさん、A子さん、つっちーさん、ゆーさん、かーさん、
概略ルート#GPSが旨く作動せず、手入力だぜ
画像

§1.幕山公園
 非常に混んだバスで幕山公園に移動#SUICAで入場料200円も払えることになっていました
画像
 これから登る幕山の全容、正面から登ったら結構大変だね
画像
 まだ3分咲きとは言え、麓の梅の木は咲き出しています
画像

 歩き出しの様子を記念撮影。右手の二人が今回初参集の右:かーさんと、その左:ゆーさん
画像
 赤い梅
画像
 ピンクの梅#白いのはちょっと遅いかな?
画像

§2.大石ヶ平経由幕山へ
 幕山公園の左手から、大石ヶ平経由幕山へ行くと、夫婦の桜というエリアへ#夫婦で桜の植樹をしているようだ
画像
 しとどの窟分岐
画像
 山ノ神を経て#この辺りは林道が舗装工事されていて、歩きやすい
画像
 苔と、丸い葉っぱに花の芽でしょうか?何だろう? → マメヅタというシダ植物らしい#”この花なあに”に教えてもらいました
画像
 大石ヶ平到着#沢になっています
画像

 ここから登山口#左手へ行くと、白銀林道
画像
 登山道はしばらくハコネタケ&ぐじゃぐじゃ泥んこの路
画像
 その後植林帯を抜けて、ススキのルートへ出た#もう稜線に出た感じ
画像
 南郷山の分岐で少し休んで先へ#幕山から降りてきたハイカーと何組も行き交う
画像

 この階段路を上り、少し下ると、もう少しで幕山です
画像
 幕山の頂上が見えて来た#この辺りから右手には、芦ノ湖越しに富士山の眺望が良い大観山も見える
画像

§2.幕山山頂
 山頂に到着。途中雨?みたいなのが落ちて来たが、どうもみぞれっぽいという結論
画像
 今日の暖かいランチには、カレーうどんを作ってみた#山本の岳食だが、非常においしかった
画像
 ランチの様子。人出が多く、みぞれも上がって、場所取りや雨模様を心配しつつも、結果良し!!!
画像
 山頂での記念撮影#合成ですが、三脚使えるほど猶予無しの混み具合でした
画像

§3,降り
 真鶴半島の様子
画像
 湯河原の町が見えますが、家やビルが密集しています
画像
 前後に同じペースのお姉さん達が同行しながら、ゆっくり行きますが、ここのくだりは結構急~
画像

 湯河原幕山という梅林側登山口辺りには、岩場#若かりし頃の田部井さんもここで鍛錬していたようです
画像
 少し拡大した岩場の様子#まーちゃんが毎週のように幕山に来ているので、”今日は?”というメールをしましたが、今日は来てないみたい。いつもどの辺り登ってるんでしょう?桐山隊長などにお目にかかりたかったですが…
画像
 登山口辺りの梅。白いのが少し遅いように見えます。西洋タンポポも見えました
画像

 もう少しで下山というところで、急な降りでの疲れた足を休めて、
画像
 幕山公園の真ん中辺りにある”湯河原梅林”の標識の所へ#スイセンや菜の花も咲いています
画像
 この後、屋台が出ている辺りで、ビールやお酒、梅ワインで打ち上げして解散

ポイント
・3分咲きという情報でしたが、確かに引いた最初の方の絵では、まだまだって感じですが、1つ1つ見ると結構咲いていて、梅のかぐわしい香りも漂って、いい散策になりました
・湯河原駅の桜ですが、河津桜が咲いているのも見えましたが、駅前の頼朝&政子像の辺りの桜は?
画像
・昼食はいろいろと研究させて頂いていますがまだまだです。次はリゾットでも試してみようと思います。そうそう今日は大人数になったので、カレーうどんを2人前作ったのですが、鍋がないので新しいアルミの安いのを買ってしまいました。しかし朝出掛けに、リュックの紐が切れて、地面にリュックが落ちた!その時は何が起こったのかわかりませんでしたが、その後遺症はその新調の鍋がへこんでしまっていたので、確認出来ました。紐が切れたリュックは修理できるんでしょうか?その写真を載せときますが、ちぎれたって感じです
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック