130720県境(鶴川~若葉台~下平尾)

行程:鶴川→能ヶ谷7→川崎フロンターレ練習場→桐光学園→真光寺公園→黒川地区→よこやまの道→若葉台→平尾の山道→平尾住宅→下平尾→新百合ヶ丘。342分、約19.6Km

先週130716(今週?)に、途中棄権した道から歩き始め、予定の若葉台を大きく通り過ぎて、新ゆりまで行きました。もう町歩きも、あと1回で終了しそうです。

概略ルート

1.鶴川~国士舘大学多摩キャンパス#さらば町田市
 リベンジの能ヶ谷7丁目#あの車の後ろで地図を一所懸命眺めながら、(次回の再開しやすさも考えました)

 左上:鶴川からは、右上:真光寺川を渡って、左下:前回も通った鶴川第2小の前から、右下:能ヶ谷7丁目へ。向こうは川崎市

 今回のルートは、マンション横の細い小道や突然犬に吠えられたり、児童公園の横から抜けれそうだと思って行きましたが、抜けれずむなしく一周したり面倒でしたが、

 麻生総合高からは道なり。

 どこかの企業の総合グランドを抜けて、

 林道の中のハイキングコースのようなところに、古い地図がありました#麻生総合高は柿生西高って言ったみたいですね。

 左:神社がありましたが、普通は階段登って神社ですが、道の下に神社!しかし、右上:日影もここまで、振り返るとしばらく日陰はなく、右下:道を下りて行くと神社の入口があった

 フロンターレのクラブハウスを尾根道の畑から#この尾根道、能ヶ谷の辺りからずっと丘の上を歩いて来れた

 ヘリが通ったので撮影したが、風があって涼しい

 左手には、町田市の様子


 広袴地域の調整池が公園になっています

 東光寺川は、調整地から鶴見川まで行く川ですが、ここが始点になります


 県境を目指して、北側へ行くと土手があってさえぎられます#右下にバイクがいますが、あの辺りは道路造成予定地になってるみたいです

 土手に沿って、上へ上へ。

 桐光学園の学内へ降りて行けそうな道を、左手へ行ってみると、右下:テニスコートが見えてきて、上:校内の案内図がありました、左下:野球場です。学校に隣接した球場とは環境が良いですね

 散策路は幅もあるし、学園の外側をずっといけそうな雰囲気

 左手:町田、右手:麻生

 桐光学園の所から東光寺公園まで緑地帯になってました。ラッキーでした#行ってみないとわかんない。左下:椅子のような木のねじれ。GPSが調子が悪いので、電池を換えてみる

 右手に大きなマンション軍#地図で見ると若葉台みたいです。左の鉄塔がよこやまの出口辺りの道

 東光寺公園に到着#GPSがやはり調子悪い。リサイクル電池の寿命かな?


 公園を出て、いずみ会館を左手に

 県境は左手なんですが、行き止まりですので、真直ぐ行く

 凄い風景、都会というより田舎です

 用水路みたいなのが、三沢川の始点#二つ目の川の流れ出しですね

 地図があったので貼り付けておきます

 上の写真を少し行った辺りから前方にビニルハウスですが何を作ってるんでしょうね?

 先に行くと、上:地図に載っていない建物の入口。明治の農園だそうです、守衛の人に、上の写真で言うと、右手の奥に見える建物が国士舘だからと教えてもらって、そちらへ。下左:右手のこんもりとした森の上に、下右:ビニルハウスが一杯

 この辺り都県境は、電力設備や学校の中に入るし、行き止まりはあるし、on the lineは選べないのですが、

 だいぶ川崎寄りの道を辿って、国士舘大前の”よこやまの道”へ出た#100904多摩丘陵よこやまの道を参照ください

 これで町田市とはバイバイです

2.よこやまの道
 左:上の写真の中央によこやまの道の標識、右:日影を提供してくれる木陰の道です

 防人見返りの峠からの

 パノラマ

 小田急多摩線が見えて来た

 樹幹から若葉台駅に隣接するスーパーのフレスポが見える

 よこやまの道出口

 若葉台に到着、15時過ぎ。楽器のおじさんの後ろにねこがいたとは~まずは飯

 飯食べたら元気だし、15時過ぎたら普通は上がりだが、帰ろうかとも思ったが、街歩きだしもう少し歩いてみることに


3.若葉台から平尾の山道を下平尾へ
 京王相模原のガードを東へ

 間違って反対へ行ってしまったが、県境の標識#もう一回間違えてるけど

 三沢川だって、さっき始点を通ってきたが、チョロチョロの細い流れだったんだけど

 若葉台から京王線の下を行くと、


 若葉総合高の辺りから畑~畑が続き、

 通せんぼの辺りから、東京とは思えないような山道が続く#街歩きでなくて、”山!だ”

 山道を行くと、右上:分岐があって、左:県境は道の狭い藪道でした、右下:ヤブの出口。真直ぐそのまま行く

 山道はそのまま続き、階段の右手は栗木台みたいだ

 山道に戻ると、造成中の広いエリアがあって、


 平尾住宅という大きな住宅地を通る#途中で山道(丘)がなくなって、道路歩きになるが、平尾住宅の終わりで振り返ってみたが、歩いてきた右手の土手には散策路があったかも知れない


 ちょうど17時の鐘がなったので、写真を撮ってみた

 金網の向こうだが、こういう記念碑があって、これは”境界の決め手になった十三塚”とある#稲城市にはこの他に入定塚(にゅうじょうづか)などの遺跡がありますが、市のHPの紹介ページはないみたい

 平尾と古沢の県縁を小刻みに歩いていたら、山道の入口を見つけた#調子に乗って右行ったら、どんどんコースを離れるので戻ってきたが

 地道に黙々と先へ行くと、バス通りに出た。バスが停まっているが平尾住宅行き、右手は新ゆりのようだ


 下平尾バス停辺りで終了#このまま進行方向へ行けば、よみうりCCへ北上することになる

 新百合ヶ丘駅まで歩いて、今日の散策は終了。

 結果、県境残りは、新ゆりから矢野口と、井戸~上野原~道志~モロクボ沢ノ頭になった。


4.今日の出合 #花の名前はコメント見て
その1

その2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

今日の出合-その2
2013年07月24日 23:11
上左:ヒバの実?、上右:木五倍子(きぶし)の実、中左:栗の実、中右:ブルーベリーの実、下左上:?、下左下:みかんの実、下右:オクラの花
今日の出会い-その1
2014年09月08日 14:05
その1
左上:小紫、左下:ハス→スイレン#SNSの方にご教示、中上:見たことないね~→パイナップルリリー#SNSの方にご教示、中下:これも変わった花!、右上左:大反魂草(おおはんごんそう)、右上右:ユリ、右下:虫取撫子(むしとりなでしこ)→ではない?#SNSの方にご教示
蓮と睡蓮の違い
2014年09月08日 14:18
ついでだから、違いをまとめておくと、
・花はどちらも、昼咲いて、夜眠る(閉じる)。3日で花の寿命は終わる
・水の底で根を張り、繋がっている
・葉は、丸葉ですが、スイレンには切れ込み有り
・ハスは葉っぱが立ち上がります(立ち葉)
・花の咲く位置も違い、睡蓮は水面近くに咲き、蓮は水上に咲きます 以上簡単ですけど

この記事へのトラックバック