140815横須賀百景の最後、新井堀割水路を遠望→横須賀百景を完遂

行程:榎戸→日向トンネル→海自裏→海自横→JR田浦→長浦埠頭→比与宇トンネル→YB球場→安針台公園→安針塚。127分、約7.4Km

今日は、横須賀百景の、最後に残った”新井堀割水路”に陸からアプロートしてみようって、長浦湾側から南下してみました。
☆軍の関係施設が多く、いろいろとアプローチを拒まれたりしましたが、ようやく高台の安針台公園へ行くと、水路が見えた。YBの練習場と島側の箱崎町の燃料タンクの間に水路があります。
画像

概略ルート

§1.北側からアプローチ#船越7丁目
 榎戸の京急ストア側からアプローチすると、左上:今夜はお盆の中日、盆踊りですかね?、左下:バス通りを行ってこの日向トンネルを登ると、右:ダミーの梯子を右へ
画像

 上:ここは2度目ですが、よく見ると左手へ階段が続いている、下左:階段上はもうすでに海自の所有地、下右:しかし右手は立ち入り禁止が続き、そのうち米軍の使用地に#池子と同じ。右手に堀割が見れる程視界もないから、あきらめて戻る
画像

 →地形図を見てみると、引き返した先は京急ストアの八王子神社(?)の方へ行って、京急ストアの前の社宅の横へ降りれるみたい
画像


 中学校の所まで来ると、海自の施設入口#その施設まで行ければ掘割を見れる可能性大だが…、下左:長浦湾の向こうに見える長浦埠頭へ行くしかない、下右:今日は祝日ではないけど半旗かな?
画像


§2.長浦埠頭から
 上左:海軍の学校前を通って、上右:田浦駅前、あのマンションの上なら…、下: 長浦湾の地図は貼り付けときましょう#埠頭の先か、引込線の向こうがベストViewPointですが…
画像

 そう!この辺りは引込線がつい最近まで残っていましたが、もう普通の道路に舗装されてきて、残り少なくなってきています。左:上の地図のKと3の間辺り、中:Aの辺りの食堂の文字の辺り、行き止まりでUS管轄地になってました、右:1の辺り
画像

 海自の白い建物の後ろ辺りから、信号塔くらいをウロウロしたみたい。森の右端はスパーク側から回われるUSの基地
画像

 長浦埠頭に沿って歩いて行ったが、お盆休み?で中に入れません!あの先からなら絶対見えるはずだったが…カーヴブミラーの所からはもちろん道がないけど、向こうは島だから、掘割だね#1308の時も入れなかったのかな?よく分かりません
画像

 後は、YB球場の辺りへ向かいますが、こういうのをダイヤモンド・クロスとか呼んでいた(よね?)
画像


§3.YB球場の辺りから
 前の地図でいうと、中:11と15の引込み線のクロスする所、左:田浦駅方面にも、右:比与宇トンネル方面にも線路が残っている、いいね
画像

 ダイヤモンド・クロスの前に、サボテンの巨木が
画像

 上:比与宇トンネル方面 へ#昔(私が横須賀に住み始めた頃)、引込線が残っていましたが、今はまったくない、下:YB球場
画像


§4.安針台から
 最後の砦になってしまったのが、安針台からの遠望によるアプローチ#他に比べれば遠いけど仕方ない。左手に見えるのが安針塚小のある高台
画像

 この公園は前にも、横須賀本港の見学で来たことがあるけど、まさかの再訪
画像

 #練習場の奥に堀割水路に近い場所があり、そこへ簡単に行けそうなの(黄色い→)を確認#ススッと行っちゃえとも思ったが、球団関係者とお話をしてしまい、思い留まる。次はちゃんとお願いして見学させてもらうかな?
画像


 大きなマンションから、安針塚駅へ#まだ横須賀駅の横辺りなど見えそうな場所がありそうですが、どっか一箇所あればと、締めくくりますね
画像


ポイント
・とりあえず、横須賀百景は完了。皆さん、長いことお付き合いいただき、ありがとうございました
・長浦湾の海自の旗は、どっかの新聞社の旗と同じに見えますが、先日の認識問題というか歴史捏造ということでネットではたたかれましたが、彼の新聞社さんは、”今年も受験問題に採用された新聞”とか自慢するんでしょうか?戦時中から戦後にかけて極変したようですけど、自浄能力は示せるんでしょうかね?注目です、Netの一部では、”その会社にいる方に向けて、そこにまだいることが信じられない”って発言もありました。どう反論とか弁明しているんでしょう?>ブログに書くことではなかったな?と思いながら、8.15と半旗みたら書かざるを得ないな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント